HAKUHODO SEI-KATSU-SHA ACADEMY

  • About 生活者アカデミーとは
  • Topics お知らせ
  • Program プログラム
  • Voices 受講生の声
  • Crew クルー
  • facebook
  • twitter

プログラムのお申し込みはこちら

Report

発想体質を、つくる。
5DAYSキャンプ
2019 冬期講座 レポート

1/25(金), 2/2(土), 8(金), 16(土), 22(金)

講師:嶋本 達嗣、関澤 英彦、中村 隆紀、久地楽 雅也、石寺 修三、星出 祐輔

場所:博報堂ラーニングスタジオ

日常生活の中の気づきを発想資源に、多様な受講者同士で個性や主観をぶつけ合いながら、徹底的に本質を考え抜く      創造性の習慣開発トレーニング講座『5DAYSキャンプ 2019 冬期講座』が、2019年2月22日に全5日間の日程を終了しました。
今回の講座には、商社/メーカー/通信会社/人材/小売/シンクタンク/建築/自治体/行政機関/フリーランスなど、さまざまなバッグボーンを持つ18名の方がご参加くださいました。
最終日の振り返りでは、「機会やチャンスはいろんなところに落ちていると気づいた」、「色々な会社・人が集まっていて、それがすごく面白かった」、「自分は表面しか知らないのに、知った気になっていたという『甘さ』に気づいた」、「ただひたすら苦しかった、というのが本音」、「自分の頭からは絶対出てこない発想に触れて、自分はなんてガチガチなんだろうと毎回感じたが、不思議と刺激的ですごく楽しかった」、「ネットワーキングという言葉ではくくれない、深い繋がりを持つことができた」といった声が聞かれました。

これからの「育み」

“0次情報”を起点に、発想を拡散する

     

初日のテーマは、 これからの「育み」。 発想のための重要な資源となる、“0次情報”(=自分の中に眠っている、言葉になっていない記憶や深い想い)の掘り起こしを起点に、1次情報、2次情報を掛け合わせ、新たな「育み」の形を発想するトレーニングを行いました。


◎ DAY1 受講者の声:

これまで自分が多くの2次情報に左右されていたと知り、
0次情報に立ち返る重要性を体感できた。”

[40代男性/商社/イノベーション推進]


これからの「幸せ」

60枚の写真から、
その“本質”を徹底的に洞察する

2日目のテーマは、これからの「幸せ」。
生活者が撮影した「日常生活で見つけたシアワセの写真」60枚を素材に、それらの写真が持つ “これからの幸せの本質”を洞察し、収束・階層化を繰り返すことで、様々な「幸せ」の形を描きました。


◎ DAY2 受講者の声:

“表層的な事象から意味を見出して、
自分なりのメッセージを取り出す過程が、
刺激的で面白かった”

[40代男性/シンクタンク]


これからの「欲求」

ありふれたニュースの断片から、
ひとりひとりが未来を描く

3日目のテーマは、「これからの欲求」。
ありふれたニュースの断片を素材に、未来の兆しを読み解き、生活者の中に生まれる、これからの「欲求」を、受講者ひとりひとりに徹底的に考え抜いていただきました。


◎ DAY3 受講者の声:

“正直、追い詰められた。
しかし、つらいプログラムが
自分に相応の影響を与えてくれた”

[50代女性/フリーランス ]


これからの「関係」

日常に溢れる“声”から、
生活者の内面を見通す

4日目のテーマは、「これからの関係」です。
日常生活の中で聞こえてきた“声”を素材に、これからの生活者の中に生まれる「関係」を受講者全員で発想しました。


◎ DAY4 受講者の声:

“事前課題の、声から気持ちを推察するのが、
考えるきっかけとして面白かった”

[30代女性/製薬?メーカー/マーケティング ]


「街からの気づき」 フィールドワーク

ありふれた日常の光景から得た発見をもとに、
奥に潜む人間感情や生活物語を読み解く

     

ひとりの生活として暮らしの足元(街の光景)をじっくりと観察していただき、 そこで得た発見や気づきをもとに、奥に潜む人間感情や生活物語についてオンライン上で対話を重ねながら、「これからの豊かさ」を発想するトレーニングです。DAY1~DAY5 期間中、発想ディレクター、受講者間で活発な対話議論を行い、発想の芽や発想の質を磨き合いました。


◎「街からの気づき」の感想:

“無意識に歩いている場所で、
新しい発見を行ったのは新鮮だった。
また、(受講者や講師からの)フィードバックも
良い刺激になった”

[40代男性/商社/イノベーション推進 ]


これからの「生活」

受講生ひとりひとりが描く、
新たな生活者の姿

     

最終日は、約1ヶ月間にわたるトレーニングでの学びを総動員して描いた「これからの生活」の、受講者ひとりひとりによるプレゼンテーションを行いました。


受講者の総括コメントからは、
「自分が大切に思っていることや、考え続けていることを手放さず、怖がらずにさらけ出すこと。その大切さを思い出せて、ひとつ強くなれたと思う」、「自分の奥底や腹の中を、全部出しても受け止めてもらえるということが自信に繋がったし、それを会社や生活でも出していいんだと思えた」、「主観で感じることは、積極性や飛び越える力を作っていくんだと思った。それを1ヶ月体験したことで、自分の中で新たな変化が生まれた」
など、本講座をきっかけに、受講者の方それぞれが成長を実感したという声が聞かれました。


PAGE TOP